食育健康アドバイザーW資格取得講座を受講しよう!

食は健康を支える生活の基本です。何かとインスタントな食品で済ませてしまいがちな忙しい現代社会ですが、食生活を見直すことで、数年、数十年後に起こる深刻な生活習慣病を予防することが出来ます。

 

それだけでなくストレスに強い体づくりや本来の体が持つ回復力を強化したりと、体を支える食の効果は計り知れません。こういった食事に関する正しい知識や応用できる方法を広めるのが食育であり、諒設計アーキテクトラーニングの「食育健康アドバイザーW資格取得講座」ではそれらを効率的に学ぶことが出来ます。

 

食育健康アドバイザーW資格取得講座で学べる内容

同講座では、食育に関する基礎知識を学びます。私たちの体は様々な栄養素を必要としており、同時に活動するためのエネルギー源も欠かすことはできません。こういったものを取り入れるのが食事であり、食事の献立は健康維持に大きな影響を及ぼします。そこで栄養バランスに優れた食事をとることを意識づけ、実践するのが食育の基本となるわけですが、ただ健康に良いものを食べているだけでは、とても大事なこととはいえ十分と言えるわけでもありません。栄養素をいかに摂るかだけでなく、いかに体に効率的に吸収させるかも大切なポイントだからです。何となく緑黄色野菜を食べておけばいいとか、キャベツを食事の前に摂っていれば大丈夫といった、偏った情報が蔓延しているので、食に関する正確な情報を持っておくことは非常に重要です。

 

もちろんそういった野菜を意識することだけで改善される場合もありますが、同講座では健康を長く維持し体調管理するためのより総合的な食事に関する知識を学びます。五大栄養素と言われるタンパク質・脂質・炭水化物・無機質・ビタミンをどのようにバランスよく摂るかを知っているだけで。体調不良やある種の症状を改善したり、病気がちな体質を強くし予防効果を身に着けたり、果てはダイエットや筋力トレーニングをもっと効果的に行ったり、まさに自分の体や健康を自在に操れる総合的な知識とすらいうことが出来ます。

 

資格を生かそう!

同講座ではJSFCA(日本安全食料料理協会)が提供する「食育健康アドバイザー」、JIA(日本インストラクター協会)主催の「管理健康栄養インストラクター」の2資格を取得することが出来ます。

 

これらは比較的取りやすい資格ですが、取得後は食品の理解を深めるセミナーや講座を開けるかもしれませんし、逆に家庭では有り余るほどの健康的な食事の情報を活用できるでしょう。

 

まとめ

食はどこに住んでいても重要です。

 

諒設計アーキテクトラーニングの「食育健康アドバイザーW資格取得講座」を生かし、自身の、あるいは職場でのスキルアップにつなげるのはいかがでしょうか。

関連ページ

メンタル心理ヘルスカウンセラーW 資格取得講座を受講しよう!
患者の状態がどうなっているかを知り、症状の原因として何が考えられるかを学びます。心理的ストレスによってどんな症状が引き起こされるか、特徴的な例を紹介しています。たとえば、いわゆるうつ病と言っても様々な症状があり、原因も人それぞれです。
CADについて学ぶのに、通信講座が便利
何かを製造するには設計図が必要ですが、紙上で設計図を描く方法もメリットとデメリットがあり、この分野でも設計をデジタル化するという手段が取られてきました。つまりCADというのは、広義には設計する際のパソコンソフト全般を指していますが、この分野で主に需要があるのは建築、機械そのものの製造、そしてアパレル業界です。
カフェ・コーヒーW資格取得講座を受講しよう!
コーヒーの豆や淹れ方一つをとっても奥が深く、それ相応の知識や訓練を必要とします。受講修了と同時に資格取得が可能な諒設計アーキテクトラーニングの「カフェ・コーヒーW資格取得講座」では、コーヒーに関する基礎的でありながら幅広い知識を学習することが出来ます。
紅茶W資格取得講座を受講しよう!
紅茶の世界は意外にも奥深く、歴史や種類ごとの特徴だけでなく、最近では茶葉としての薬理効果まで注目されています。諒設計アーキテクトラーニングが提供する「紅茶W資格取得講座」では、趣味や仕事に生かせる紅茶全般の知識について学びます。