カフェ・コーヒーW資格取得講座を受講しよう!

世界中の人が毎日たしなむコーヒー。最近では独自の焙煎で豆を扱う専門店や、自宅で焙煎をする人も増えるほどコーヒーが生活に浸透しています。飲むにつれてこだわりも増えてしまうのがコーヒーの世界。

 

コーヒーの豆や淹れ方一つをとっても奥が深く、それ相応の知識や訓練を必要とします。受講修了と同時に資格取得が可能な諒設計アーキテクトラーニングの「カフェ・コーヒーW資格取得講座」では、コーヒーに関する基礎的でありながら幅広い知識を学習することが出来ます。

 

カフェ・コーヒーW資格取得講座で学べる内容

おいしいコーヒーを淹れられるようになるためには、淹れ方を学ぶだけでは到達できません。豆に関する情報も把握する必要があります。世界中に基本となる有名なコーヒー豆が存在していますが、それらの産地ごとの種類や特徴、その個性を引き出す淹れ方、見分け方や最適な焙煎方法や時間など、学ぶべき要素はたくさんあります。これらをカバーしているのがカフェ・コーヒーW資格取得講座です。この講座ではそれらの知識に加え、豆を自分でブレンドするノウハウ、エスプレッソアートのデザイン、さらにはカフェやコーヒーショップを開業する手法についても学習できます。

 

まさにコーヒーに関することをすべて詰め込んだ夢のような講座です。現在コーヒーに関する国家資格は存在していませんが、だからこそ民間資格を取得していることが他と差をつけるための重要な要素になります。同講座ではJSFCA(日本安全食料料理協会)が主催する「コーヒーソムリエ」、また同協会提供の「カフェオーナースペシャリスト」の2資格を同時に取得することが出来ます。つまりコーヒーに関する基本的な知識を学びたい人だけでなく、カフェの開業についての情報が欲しい人にも役立つ非常に幅広い内容になっています。特にこの講座で取得できる資格は、カフェやコーヒー豆を販売する分野ではとても重要です。加えて同講座ではマーケティングの基礎知識や開業計画に必要な知識も含まれているので、より実践的です。

 

資格を生かそう!

単に趣味を深める人だけでなく、カフェの開業を考えている人やすでに自前の店をもっているもののさらなるスキルアップを目指す人にとっても役立つでしょう。

 

しかも同講座は最短2か月で2つの資格を習得できます。分からないことがあっても何度でも質問できるシステムもありがたいですね。

 

まとめ

コーヒーに関する知識を同講座で体系的に学び、

 

より知識を深めたり開業にむけてのスキルアップを目指したりと、活用の幅はたくさん見つけられるでしょう。

関連ページ

メンタル心理ヘルスカウンセラーW 資格取得講座を受講しよう!
患者の状態がどうなっているかを知り、症状の原因として何が考えられるかを学びます。心理的ストレスによってどんな症状が引き起こされるか、特徴的な例を紹介しています。たとえば、いわゆるうつ病と言っても様々な症状があり、原因も人それぞれです。
CADについて学ぶのに、通信講座が便利
何かを製造するには設計図が必要ですが、紙上で設計図を描く方法もメリットとデメリットがあり、この分野でも設計をデジタル化するという手段が取られてきました。つまりCADというのは、広義には設計する際のパソコンソフト全般を指していますが、この分野で主に需要があるのは建築、機械そのものの製造、そしてアパレル業界です。
紅茶W資格取得講座を受講しよう!
紅茶の世界は意外にも奥深く、歴史や種類ごとの特徴だけでなく、最近では茶葉としての薬理効果まで注目されています。諒設計アーキテクトラーニングが提供する「紅茶W資格取得講座」では、趣味や仕事に生かせる紅茶全般の知識について学びます。
食育健康アドバイザーW資格取得講座を受講しよう!
食は健康を支える生活の基本です。何かとインスタントな食品で済ませてしまいがちな忙しい現代社会ですが、食生活を見直すことで、数年、数十年後に起こる深刻な生活習慣病を予防することが出来ます。