CADを生かす

CADは、端的に言うとコンピュータを用いて設計をすることです。何かを製造するには設計図が必要ですが、紙上で設計図を描く方法もメリットとデメリットがあり、この分野でも設計をデジタル化するという手段が取られてきました。

 

つまりCADというのは、広義には設計する際のパソコンソフト全般を指していますが、この分野で主に需要があるのは建築、機械そのものの製造、そしてアパレル業界です。

 

CADが活用される概要

紙面で手書きする方法と比べてどんなメリットがあるでしょうか?第一に、コンピューター上で作成するのでやり直しやコピーが簡単です。紙面で作成するより製図や削除などがクリックやボタン一つでできます。同じ設計図が必要な場合、印刷をすればいいだけなので複写や位置から同じものを作成する必要は当然ありません。またデータ化して管理できるので、必要な時にはいつでも設計図を出してくることが出来ます。また似たような図面を書いたり改良していく場合にも、元になるデータを改良するだけで作成できます。

 

ほとんど同じなのに最初から設計し直す手間が省けます。そして計算はすべてコンピューターが行いますので、数値や設計図の正確さは引き続き必要ですが計算ミスがありません。計算間違いというケアレスミスをなくすことが出来ます。細部の描写やデータは専用のプリンターが出力するので、書き間違いをなくし複雑な図形もきちんと紙面に起こすことが出来ます。

 

どんな分野で使う?

建物や構造物の設計など、建築の分野でもCADが一般的に使われています。これらの設計図は平面図や断面図、立体図を必要とし、それらを関係機関や企業に提出します。建物の青写真をCADで書くという訳です。ここから建造物の元になる材料を加工し施工していきます。

 

それぞれの分野に応じて構造そのものや建物の意匠、設備の設計図が必要であり、これらを製作するのが建築CADです。建物の設計図を書くだけのCADから、それらの解析や分析、趣味レーションを行う様々な分野でのCADが存在します。ちなみにJWCADやAutoCADといった大手のCADは汎用で、建築以外の分野でも使用されています。特にAutoCADは三次元でのモデルを作成できるCADの一つですので、より自由度の高い活用が出来ます。

 

まとめ

諒設計アーキテクトラーニングではCADに関する講座が三つ用意されており、初心者から技術者としてのコースまでそれぞれのレベルに合わせて用意されています。

 

一から学習したい場合もスキルアップを目指すきっかけにするにも、見方になってくれる講座です。

関連ページ

メンタル心理ヘルスカウンセラーW 資格取得講座を受講しよう!
患者の状態がどうなっているかを知り、症状の原因として何が考えられるかを学びます。心理的ストレスによってどんな症状が引き起こされるか、特徴的な例を紹介しています。たとえば、いわゆるうつ病と言っても様々な症状があり、原因も人それぞれです。
カフェ・コーヒーW資格取得講座を受講しよう!
コーヒーの豆や淹れ方一つをとっても奥が深く、それ相応の知識や訓練を必要とします。受講修了と同時に資格取得が可能な諒設計アーキテクトラーニングの「カフェ・コーヒーW資格取得講座」では、コーヒーに関する基礎的でありながら幅広い知識を学習することが出来ます。
紅茶W資格取得講座を受講しよう!
紅茶の世界は意外にも奥深く、歴史や種類ごとの特徴だけでなく、最近では茶葉としての薬理効果まで注目されています。諒設計アーキテクトラーニングが提供する「紅茶W資格取得講座」では、趣味や仕事に生かせる紅茶全般の知識について学びます。
食育健康アドバイザーW資格取得講座を受講しよう!
食は健康を支える生活の基本です。何かとインスタントな食品で済ませてしまいがちな忙しい現代社会ですが、食生活を見直すことで、数年、数十年後に起こる深刻な生活習慣病を予防することが出来ます。