「メンタル心理ヘルスカウンセラー」の資格を取ろう!

最近ではカウンセリングの需要がとても高まっています。ストレスの多い世の中ですので、何かと心身のバランスを崩してしまう人が多いのも不思議ではありません。

 

ここで力を発揮するのが心理学や精神医学についての知識です。もちろん本来の国家資格を持った医師のように誰もがなれるわけではありませんが、誰かが、あるいは自分が調子を崩したときにそれを補う方法を少しでも知っているのとまったく知らないのとでは全然違ってくるでしょう。ここで大きな助けになるのが諒設計アーキテクトラーニングのメンタル心理ヘルスカウンセラーW(ダブル)資格取得講座です。

 

この講座で学べること

心理学とは、心の中の思考と行動を理解する学問であり、科学的な手法でそれらを研究します。これらは非常に難しく、未だにたくさんの要素が研究されている最中でもある発展的な学問ですが、これらの基礎を学び、同時に「メンタル心理ヘルスカウンセラー」と「メンタル心理インストラクター」の二つの取得を目指す講座です。カウンセリングに必要なのは何でしょうか?何と言っても持っている考え方や症状が何なのかを知る知識です。本当に重い症状なら実際に医師の診察を受ける必要がありますが、そこに至るまでに何が原因で辛くなっているかや簡単な対処法を知っているととても役立つに違いありません。まずは患者の状態がどうなっているかを知り、症状の原因として何が考えられるかを学びます。心理的ストレスによってどんな症状が引き起こされるか、特徴的な例を紹介しています。たとえば、いわゆるうつ病と言っても様々な症状があり、原因も人それぞれです。

 

中にはこれが病気の原因になるなんてと信じられないものもあるかもしれませんが、人の精神の構造や反応するメカニズムを学ぶことで、症状として現れる要素が本人にもコントロールしがたい状態であることが理解できるでしょう。それらの知識は症状を理解する点で、さらに原因を知るだけでなく対処の仕方を知るうえで役立ちます。

 

どのように生かすか

資格の取得後は個人でカウンセラーとして開業できるかもしれません。あるいはカルチャースクールなどで講師として活動するという選択肢もあります。

 

国家資格ではありませんが、初心者を対象にしている諒設計アーキテクトラーニングの講座ですので、心理学の基礎を学ぶという点で一から始めてもしっかりと身につくでしょう。

 

まとめ

今の時代では何かと必要なカウンセリング。

 

一から学べるメンタル心理ヘルスカウンセラーの講座で、資格を目指しつつ心理学を学んでみましょう。

関連ページ

CADについて学ぶのに、通信講座が便利
何かを製造するには設計図が必要ですが、紙上で設計図を描く方法もメリットとデメリットがあり、この分野でも設計をデジタル化するという手段が取られてきました。つまりCADというのは、広義には設計する際のパソコンソフト全般を指していますが、この分野で主に需要があるのは建築、機械そのものの製造、そしてアパレル業界です。
カフェ・コーヒーW資格取得講座を受講しよう!
コーヒーの豆や淹れ方一つをとっても奥が深く、それ相応の知識や訓練を必要とします。受講修了と同時に資格取得が可能な諒設計アーキテクトラーニングの「カフェ・コーヒーW資格取得講座」では、コーヒーに関する基礎的でありながら幅広い知識を学習することが出来ます。
紅茶W資格取得講座を受講しよう!
紅茶の世界は意外にも奥深く、歴史や種類ごとの特徴だけでなく、最近では茶葉としての薬理効果まで注目されています。諒設計アーキテクトラーニングが提供する「紅茶W資格取得講座」では、趣味や仕事に生かせる紅茶全般の知識について学びます。
食育健康アドバイザーW資格取得講座を受講しよう!
食は健康を支える生活の基本です。何かとインスタントな食品で済ませてしまいがちな忙しい現代社会ですが、食生活を見直すことで、数年、数十年後に起こる深刻な生活習慣病を予防することが出来ます。