諒設計アーキテクトラーニング口コミ評判は?

諒設計アーキテクトラーニングが提供する講座

厳選した資格を一度に二つ取得できるようカリキュラムが準備されています。

 

スペシャル講座

講座の全過程修了と同時に資格試験免除となり、自動的に資格を取得することが出来ます。

 

初心者には最適

スペシャル講座は、初級コースと比べて割高ですが、100パーセント資格取得までいける保証も込みだと考えると、むしろ初心者には最適かもしれません。

 

 

 

現代は、あらゆる資格試験がインターネットでも出来る時代です。資格と言っても様々な資格が世の中にあり、どれを仕事に生かすかはその人次第といったところがあります。

 

国家資格の場合はより分かりやすいでしょう。それがなければそもそも仕事が出来ません。ところが民間資格の場合、それを取得しているからと言って必ずしも就職や好待遇につながるとは言えない面もあります。とりわけ資格なるものが溢れている世の中で、良いものを効率的に選び取得するのはかつてないほど難しいくなっているのも一因です。

 

ところがこの諒設計アーキテクトラーニングが提供する講座では、厳選した資格を一度に二つ取得できるようカリキュラムが準備されています。一つの講座を申し込むだけで、二つの資格試験に対応できる準備が整うということです。

 

諒設計アーキテクトラーニングでは同じ講座を受講する場合でも初級コースとスペシャル講座の2つの選択肢が用意されています。

 

このうちスペシャル講座では、講座の全過程修了と同時に資格試験免除となり、自動的に資格を取得することが出来ます。

 

これはオンラインの資格取得を扱う講座の中でも大きなメリットです。なぜなら大抵の場合、試験までの学習は家庭で行えても、受験自体は開催地まで赴かなければならないタイプのオンライン講座が多いからです。

 

試験会場までの費用や日程を合わせる労力を考えると、諒設計アーキテクトラーニングでの試験免除システムはとてもお得と言えます。

 

このスペシャル講座は、初級コースと比べて割高ですが、100パーセント資格取得までいける保証も込みだと考えると、むしろ初心者には最適かもしれません。

 

大抵の講座は、6か月ほどの工程を目安として準備されていますが、最短2か月でこなすことも可能です。

 

諒設計アーキテクトラーニングで講座を申し込むメリット

初心者に優しい

諒設計アーキテクトラーニングの各種講座は、初心者に優しいことで有名です。

 

専門の講師に質問できる

「回数無制限で専門の講師に質問できる」システムが構築されていることにあります。

 

カリキュラムそのものが初心者を対象

一から学習したい人でも始められるように準備されています。

 

諒設計アーキテクトラーニングの各種講座は、初心者に優しいことで有名です。その理由の一つは、「回数無制限で専門の講師に質問できる」システムが構築されていることにあります。

 

郵送ですが、自分のペースで自分が納得いくまで質問を続けることが出来ます。これは大きなメリットです。

 

なぜならオンラインや通信講座で何かを勉強する場合、大抵の場合障害となるのは「質問できない」ことだからです。資料を読むだけで全部理解できれば問題ないのですが、知らない・新しいことを学習しているわけですからなかなかそういう訳にもいきません。

 

ところが諒設計アーキテクトラーニングでは質問を繰り返し、分からないことをそのままにせず取り組むための助けがあります。これは前述の資格試験免除のシステムと合わさって、取得を確実にする諒設計アーキテクトラーニングならではのメソッドです。

 

この場合、受講者の側にもカリキュラムを最後までこなすだけの粘り強さが求められますが、それを全力でサポートしてくれるというのは嬉しいことです。

 

加えて、カリキュラムそのものが初心者を対象にもしていることが挙げられます。一から学習したい人でも始められるように準備されています。これも諒設計アーキテクトラーニングの各種講座を人気にしている理由です。

 

なぜなら。情報がインターネットであふれる現代社会でも、何かを体系的に勉強するというのは難しいことだからです。しかし諒設計アーキテクトラーニングでは資格を目指したカリキュラムを準備し、初心者が始められるステップから解説し、そして資格免除のシステムまで完備しています。

 

断片的な情報ならインターネットさえあれば何とか集められるものですが、それらを資格試験に合わせた工程で一つ一つ学習できるよう助けるのが諒設計アーキテクトラーニングです。

 

ですので資格の取得率もお客様満足度が高いのも納得できます。加えて前述のように専門の講師がついていて、郵送での質問に何度でも答えてくれますので、安心して資格取得まで任せていくことができます。

 

スペシャル講座を申し込めば資格試験すら免除されて無事取得することができるので、試験会場が近くにない方や独学で勉強したものの試験に自信がないという方でも安心です。

 

ここまで受講者の合格率、資格の取得率に力をいれたオンライン講座は今までありませんでした。

 

それもそのはず、諒設計アーキテクトラーニングの歴史は意外にも長く、1985年に建築分野での資格取得や教育を目的に開校され、そこから様々な講座を時代の変化に合わせて取り込んできたので、「教える」「資格を取得するのを助ける」ノウハウが詰まっています。

 

社会で活動可能な状態まで生徒をバックアップすることを長年続けてきた経験と実績に従って、現在の諒設計アーキテクトラーニングの講座が提供されています。

 

諒設計アーキテクトラーニング建築関係の資格に強い!

諒設計アーキテクトラーニングでは様々な講座が準備されています。やはり建築関係の教育・普及に強い同社ですので、その分野での講座が充実しています。

 

たとえば「建築模型・住宅模型デザインコース」では、家屋やビルの展示用の模型を作る仕事に役立つ内容が豊富です。

 

建築模型とは、完成予想を形で示したり、事業のモデル・会社の建設技術をプレゼンするために用いる、まさに家のプラモデルのようなものですが、模型やミニチュアが好きな方にも大変人気の仕事です。

 

図面では平面のデザインしか見ることができませんので、受注する前に模型で現物の形を三次元で示すことが必要です。それを専門で行う仕事ということになりますが、実はこの分野でも資格があります。

 

日本インストラクター協会が提供する「建築模型技工士インストラクター」や、日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する「実践建築模型認定試験1級・2級」などがあります。

 

これらの資格を取得している人は、建築・住宅模型を適切に組み立て、設計者の意図を明確に伝えるために具現化する技術を持ち、製作技術の証明がされていることになります。

 

こちらの講座では、実践建築模型認定試験1級・2級を取得するための知識や技能を学び、また建築模型技工士インストラクターは卒業と同時に取得することが出来ます。

 

こちらの資格を活用して、建築模型の作成方法を教えたり、模型の販売、さらには模型製作の依頼を受注することが出来ます。

 

一般的に個人住宅の模型で3〜6万円ほど、ビルやマンションなどの大型模型で8〜10万円ほどとされています。この分野で仕事を受けるには当然資格が必要です。しかも諒設計アーキテクトラーニングの場合、資格を取得すると外注協力者として母体の「一級建築士事務所株式会社諒設計」で登録作業を行い、模型製作の注文依頼を受けることができるようになります。

 

しかもその仕事自体は在宅でできるようになっています。資格をとってそのまま仕事にも生かせるのは、この建築の分野での経路が確立されている諒設計アーキテクトラーニングならではの強みです。

 

CADを扱う資格を取ろう

CADとは、computer-aided designの略で、コンピューターを使った設計のことを指します。

 

世界的に有名なAUTOCAD、JWCADなどを使って、建築や機械設計、電気や設備関係の設計、土木の分野でも活用することが出来ます。

 

CADを扱うこと自体に資格は必要ありませんが、これを使いこなすには設計と、CADを扱える基礎的な知識が必要です。

 

諒設計アーキテクトラーニングの「CAD通信教育(AutoCAD JWCAD)」講座では、日本デザインプランナー協会(JDP)の「CADデザインマスター」と、日本インストラクター協会主催の「建築CADインストラクター」の取得を目指して体系的に学習を進めていきます。

 

これらの資格はCADのシステムを理解し実務で扱える程度の技能を有する人に与えられる資格です。もちろん初心者からのスタートも考慮されています。資格試験に対応するような講座やオンラインスクールは数多くあるものの、実務レベルまで学習できるのが諒設計アーキテクトラーニングの特徴です。

 

そして諒設計アーキテクトラーニングで講師として活動するのは、母体である一級建築士事務所諒設計で活躍している一級建築士の方々ですので、現場で使用される技術や経験をベースに指導してくれます。

 

この講座でも、もちろん回数無制限の質問が可能です。同講座では初心者コースからオペレーターコース、そして建築技術師コースと3段階準備されており、現在のレベルや目指したいレベルにあったコースを選べます。

 

しかも建築事務所の強みとして、資格取得後(実践建築CAD建築技術者コースの場合)は、同事務所の外注協力者として案件を受注することが可能です。

 

諒設計アーキテクトラーニングの各種講座は、初心者に優しいことで有名です。その理由の一つは、「回数無制限で専門の講師に質問できる」システムが構築されていることにあります。

要点を紹介するキャラクター

 

諒設計アーキテクトラーニングの仕事に役立つ資格講座ランキング

画像名を入力

メンタル心理ヘルスカウンセラーW 資格取得講座の特徴

この講座で学ぶ内容は日本アロマメディカル心理セラピー協会の「メンタル心理ヘルスカウンセラー」、日本インストラクター協会の「メンタル心理インストラクター」資格取得講座です。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
メンタル心理ヘルスカウンセラーW 資格取得講座の総評
  • 心理学の基礎知識から学ぶ
  • 心理的ストレスが招く症状や、その要因、回復するための治療法
  • プロのカウンセラーを目指す方にもオススメできる講座
詳細レビューへ公式サイトへ

 

画像名を入力

CAD通信教育(AutoCAD JWCAD)の特徴

この講座では、日本デザインプランナー協会(JDP)の「CADデザインマスター」と、日本インストラクター協会主催の「建築CADインストラクター」の取得を目指して体系的に学習を進めていきます。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
CAD通信教育(AutoCAD JWCAD)の総評
  • CADのシステムを理解し実務で扱える程度の技能
  • 実務レベルまでスキルアップが可能
  • 初心者コースからオペレーターコース、そして建築技術師コースと3段階準備
詳細レビューへ公式サイトへ

 

画像名を入力

カフェ・コーヒーW資格取得講座の特徴

日本安全食料料理協会が主催している人気資格「コーヒーソムリエ」と「カフェオーナースペシャリスト」資格は、「涼設計アーキテクトラーニング」の通信講座で効率よく学ぶことができます。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
カフェ・コーヒーW資格取得講座の総評
  • コーヒー豆の知識や種類、コーヒーの淹れ方
  • エスプレッソデザイン、カフェ開業までのノウハウや、経営についてまで学ぶ
  • 自分のペースでカリキュラムを進めていくことができます
詳細レビューへ公式サイトへ

 

画像名を入力

紅茶 W資格取得講座の特徴

この講座では「紅茶アドバイザー」と「紅茶マイスター」(どちらもJSFCA(日本安全食料料理協会)提供)という2資格を取得することが出来ます。

総合評価 評価3.5
使いやすさ 評価3.5
掲載情報量 評価3.5
紅茶 W資格取得講座の総評
  • 茶葉の知識や紅茶の種類、ティーグッズの種類やその役割
  • 味しい紅茶の淹れ方を一通り学習
  • 趣味や仕事に生かせる紅茶全般の知識について学びます
詳細レビューへ公式サイトへ

 

画像名を入力

食育健康アドバイザーW資格取得講座の特徴

この講座ではJSFCA(日本安全食料料理協会)が提供する「食育健康アドバイザー」、JIA(日本インストラクター協会)主催の「管理健康栄養インストラクター」の2資格を取得することが出来ます。

総合評価 評価3
使いやすさ 評価3
掲載情報量 評価3
食育健康アドバイザーW資格取得講座の総評
  • 食育の基礎知識、食事と健康の関係
  • 栄養学や社会における食育について学習
  • 初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用
詳細レビューへ公式サイトへ

 

諒設計アーキテクトラーニングが提供するその他の講座

各種のカウンセリング、セラピーの技能
食の分野での健康の意識
健康ブームに欠かせない分野での資格

近年、社会のストレスレベルの上昇や発見に伴い、様々な分野でのカウンセリングが発展するようになりました。

 

ストレスの多様化やより低い年齢から社会競争に巻き込まれることが原因と言われています。

 

これらの需要に対応するため、諒設計アーキテクトラーニングでも各種のカウンセリング、セラピーの技能を養うための講座を取りそろえるようになりました。

 

心理学の博士号を取得するためには大学などの教育機関で専攻する必要がありますが、もっと末端の現場で普及させるために、あらゆる分野に心理学の基礎が持ち込まれるようになっています。

 

諒設計アーキテクトラーニングでは「メンタル心理ヘルスカウンセラーW資格取得講座」、「美快眠セラピストW資格取得講座」、「メンタル心理ミュージックアドバイザーW資格取得講座」など、他にも幅広い分野で役立つ心理学の応用を用いた講座を準備しています。

 

これらは国家資格ではありませんが、就職や現在の職場での付加的な技能や能力を証明する助けになります。メンタル面で対応力があるというのはどんな職場でも役立つことでしょう。

 

加えて食の分野での健康の意識も高まっています。これらの分野での複雑化や需要の高まりを受けて、「スパイス香辛料アドバイザーW資格取得講座」「漢方・薬膳W資格取得講座」「幼児食マイスターW資格取得講座」などが提供されています。

 

たとえば薬膳や漢方といった、健康ブームに欠かせない分野での資格は貴重です。これらは飲食店での仕事や就職に強みを持つことが出来ます。

 

「ワインコンシェルジュW資格取得講座」や「カフェ・コーヒーW資格取得講座」なども、喫茶店やカフェ、アルコールを扱う飲食店で活用できるでしょう。メニューの提案や実践方法まで考える力を養うカリキュラムが組まれているからです。

 

特に「カフェ・コーヒーW資格取得講座」では、喫茶店の開業の計画方法や店づくりのポイントまでが講座の内容に含まれており、とても実践的な内容になっています。

 

公式ページはこちら

 

まとめ

諒設計アーキテクトラーニングの強みは、上記のように資格を初心者に取得させるノウハウが蓄積されていることにあります。スペシャル講座と呼ばれるコースに申し込むと、資格試験が免除されるのもありがたいメリットです。

 

これも諒設計アーキテクトラーニングが長年続けてきた教育活動や実績が、各資格協会に認められ、同社のオンライン講座での教材が正式に指定を受けたものとして認可されたからにほかなりません。ですので各種の協会が主催している試験制度を飛ばして、資格取得まで到達することができるのです。

 

オンラインで資格を取得するメリットは増えつつあります。近所にそういったスクールや施設が無かったり、資格の受験会場が近隣で開催されなかったり、あるいは時間が取れないという方もいらっしゃるでしょう。

 

それでインターネットの普及に伴ってオンラインで資格を習得、あるいは資格試験に対応できる講座が数多く存在するわけですが、資格の取得率と初心者への対応力において、諒設計アーキテクトラーニングは際立っています。

 

これが学習支援の観点から取り組んできた同社の特徴です。民間の資格だからこそ、比較的新しく国家資格の無い分野でも他と差をつけて違いを見せることができます。そういった分野では体系的に学習することも困難を伴う場合が多いですが、専門の講師を擁し初心者の質問もサポートできる同社の各講座は最適です。

 

そして建築やある種の分野では、直接仕事の受注までの支援や、開業に関する実際的な内容まで準備されており、同社の社会で役立つ学習支援のノウハウが光ります。

 

もちろん、仕事でのスキルアップを目指す方にも、趣味や自宅での活動に磨きをかけたいという方にも用意された、諒設計アーキテクトラーニングのオンライン講座を試してみるのはいかがでしょうか。